通勤電車を降りて冒険の旅へ出よう!

先日、ON/OFFスイッチの切り替え方について質問を受けました。

私のON/OFFスイッチの切り替え方法は

「川を渡る」です!

私が育った川口も現在住んでいる川崎も、地名が示すとおり大きな川がある街です。学校に行くにも仕事に行くにも、いつも川を渡って向かっていたので、電車で川を渡って都内に入るとONモード、逆に都内から出るとOFFモード、という感覚が、今も昔も変わらずあります。

川を通過するときって、たとえそれが徒歩であろうと車や電車に乗車していようと、禊(みそぎ)的な何か、ある種の浄化の力が働くような気がします。心の内のモヤモヤしたものを水に流して穢れを祓うような感じ。

浅間台 写真

そんな私の日課は、電車で多摩川を渡るときに、多摩川の神様(多摩龍さん)と富士山(センゲンさま)と多摩川浅間神社の御祭神(咲耶姫さま、菊理媛さま、速玉男命さま)とアマテラスさまと亀の甲山古墳に眠る主さんと多摩川台公園の双子のメタセコイヤさんにごあいさつをすることです。

「おはようございます。
 いってまいります。」

「今日も無事に過ごせました。
 いつもありがとうございます。」

という程度の簡単なあいさつなんですが、これを心の中で唱えると、自分の中心にアンカリングできて、一日気持ちよく過ごせます。ぜひお試しあれ。

昨日、仕事で名古屋に出張していたのですが、帰りの新幹線の車窓から富士山が綺麗に見えました。

富士山 写真

その写真を今朝、通勤電車の中で眺めていたら、ちょうど多摩川にさしかかって、晴れてはいたけどガスで霞んで富士山は見えず…でした。冬の間は毎日のように見えていた富士山も、これからの季節は見えない日が多くなります。

姿は見えねどそこに御座しますセンゲンさまをはじめとして、いつものルーティーンの朝のごあいさつを終えて、お社を見ながら「またお休みの日にゆっくりおまいりいたします」とお伝えしたところ、どこからともなく「なんで休みの日? 今行かないの?」というツッコミの声が聞こえてしまいました。

「そう言われてみれば、行けないわけじゃない……よし、行っちゃえ!」と思い、ワタクシ、衝動的に通勤電車を飛び降りて途中下車してしまいました!

いつもあいさつに来てくれるカラスさん(速玉男さん絡みでヤタガラスもご縁がある神社なのです)の歓迎を受け、倭姫のお言葉も思いがけずいただいて、空や新緑を見ながらすっかりリフレッシュできました。

多摩川浅間神社 写真

sun 写真

新緑 写真

烏 写真
この中にカラスが隠れています!見つけられるかな?

時間に余裕をもたせて家を出ていることもあり、仕事にも遅刻せず、贅沢なひとときを過ごすことができました。途中下車の旅、なんだかとっても気分爽快で、いつでもできる小さな冒険としてオススメです!

<おまけ情報>
多摩川浅間神社は安産祈願で有名ですが、実は、私たち夫婦が結婚式を挙げた神社でもあります!(そのうえ、結婚当時に住んでいた家からも、引っ越し後の現在の家からも、鬼門封じになっているという!ありがたや〜) 家族や親しい友人とあたたかい雰囲気の神前挙式を検討されている方は、権禰宜さん含むこちらの神主さんご一家の細やかな心配りに感激すること請け合いです。

結婚式 写真
多摩川浅間神社
〒145-0071 東京都大田区田園調布1-55-12
東急東横線・多摩川線・目黒線・南北線・三田線多摩川駅より徒歩2分
http://sengenjinja.info/annai/index.htm

article no. 012