ちゃぶ台をひっくり返したくなったら 2

未読の方はこちらから。

WordPressに変わる手段をいろいろ模索していた時に、以前運営していた静的HTMLの自サイトでかつての自分が書いたコンテンツを読み返してみた。これが、もう自画自賛以外の何ものでもないのだけど、個人的に面白い!と感じてしまった。当然ながら、自分が書いているのだから興味や趣味・嗜好性のど真ん中なわけなんだけど、このWordPressで書いてきたことの100倍面白いと正直思った。

その違いは、ものすごく明白で、営利を目的としていない完全なる自己満足サイトで、自分が考えていること、感じていることを他人の目を恐れずに率直に書いていたからだ。

正直、今のMANO A MANOの更新がこんなに億劫(ぶっちゃけすぎ)で、更にまっさら事件という現実を自分で創造しちゃったのだって、結局のところ、自分自身がいちばん面白がっていないのが原因なのだと思う。

私が“嘘くさいいい子ちゃん”過ぎて面白くないのだ。

小学校低学年の頃から毎年親が先生に呼び出される問題児だった私が、中学入学後1年くらいすごく平和で穏やかに生きていた時期があった。それは公立の小学校から私学のクリスチャンスクールに入学して、いわゆる良家の子女たちとキリストの教えに馴染もうとした努力の賜物だったのだけど、今思えば、羊の群に入った狼が羊になろうとして不毛な努力をしているような状態だったと思う。

12歳の柔らかい頭への教化の影響もあって、それが正しいと信じての努力だったけれど、お腹の中で吠え狂う自分の声がどんどん大きくなっていって、誰かの言いつけを守る“いい子ちゃん”を、あるタイミングでやめた。それと同じようなことが、今また、私の中で起こっている。

去年、ビジネスについて学んで、教えられたことをやって、いや、教えられたこと全部なんて全然できてないけど、それでも、言われたことを一度飲み込んでやってみて、実際に成果も出たけれど、それをやっている自分が正直、吐き気がするほど嫌で嫌でしょうがなかった。

当時から「行動しろと言われて動いちゃう自分が、投げられたボールを条件反射のように拾いに行く犬みたいで嫌で嫌でたまらない」と仲間に漏らしてもいた。「普通の人は行動できなくて悩むのに、行動しちゃうのが悩みなんて、言ってる意味がわからない」なんて変人扱いされたりもした。「考える前に行動にうつせるなんて、教えたことが身体化できていて、ブレイク前夜ですね!」とは当時の講師の談。自分の違和感を無視して走った結果、まったく動けなくなってしまったので、未だ夜は明けないままなのは見てのとおりだ。

そんな違和感ありまくりで立ち上げたWordPressサイトは、ビジネスサイトを作らなければいけないのに、メインサービスはメニューに載せない、スケジュールも載せない、お客様の声ももらってるのに全然載せない、のないない尽くしで、「uniちゃんのサービスはどこで見られるの? どうしたら申し込めるの?」と尋ねられる体たらく。

だって、本当に元も子もない言い様だけど、自分でも気が進まなかったのだ。気が進まないながらやったことは、意図しないものを引き寄せて、更にやる気を失うことにつながってしまったこともあった。

今回、まっさら事件を機にまた自分の中の吠え声が大きくなった。「自分自身を思い出したい人、いらっしゃい」と呼びかけている私自身が自分自身を思い出すために、牙も爪も隠すどころか常に研いでおくことこそが生きていく上で必要不可欠なことなのだと思う。

そういうわけで、ちゃぶ台をひっくり返します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です