名前にまつわるエトセトラ vol.3 〜結婚して名前が変わるということ〜

小さい頃から自分の名前が嫌いだった私。
嫌いと感じていたいちばんの理由は読み間違えられることが多く、正しい名前を呼んでもらえなかったことですが、母から聞いた自分の名前の由来や、名前に使われている漢字の由来を知って、ますます自分の名前嫌いが深まっていきました。

 💡 まだ読んでいない方は、こちらからどうぞ♪
 ↓ ↓ ↓
➡ 名前にまつわるエトセトラ vol.1 〜聖杯伝説への誘い〜

➡ 名前にまつわるエトセトラ vol.2 〜自分の名前が嫌いでした〜

このシリーズを書いていてふと思い出したことがあったので、忘れないうちに書き留めておこうと思います。

学生時代に、母が「◯◯(私の旧姓=母にとっては結婚後の姓)という苗字が嫌い」と言ったのを聞いて、とても悲しい気持ちになったことがありました。

母が「嫌い」という言葉を使ったのは「漢字の字面のバランスを取るのが難しく、上手に書けないから」というような話から始まり「電話帳に1件しかないような珍しい名前なのが嫌だ」というような流れの中で、だったと記憶しています。

母の旧姓は小学校低学年で習う平易な漢字で構成されていて、左右対称の文字(たとえば田中とか山田みたいな)だったので、年賀状などでもとても書きやすかったそうなのです。

娘の私に言わせれば、父も母もとてもきれいな字を書く人たちだったのですが、母は自分の書く字が好きじゃないという理由で記名の際によく父に代筆してもらっていました。

父の苗字が「嫌い」といっても、別に父のことが嫌いと言ったわけでもないし、父方の祖父母のことが嫌いと言ったわけでもなかったのですが、なぜだか、父に連なる一族全体(もちろんその末端に私もいる)が、否定されているような感覚を覚えました。

それは、決して致命的な刺し傷のような傷ではなく、とても小さな、だけど切れ味がよすぎて血すら出ないような、サイズに見合わぬ痛みを伴う切り傷のような、そんな傷を負ったような感覚でした。

小さい頃から自分の名前を嫌っていた私なのに、母が名前(苗字)を「嫌い」だと言ったのを聞いたら傷つくように感じるなんて、自分のことを棚にあげていてなんだかズルいんですけどね(苦笑)

現代ではビジネスネームとして旧姓を使用する女性もたくさんいますが、日本では戸籍上の夫婦別姓が認められていないため、婿取りをしない女性は、婚姻によって強制的に相手の苗字を名乗ることになるわけです。

男性にはなかなか伝わらないかもしれませんが、これってものすごく大きな変化なんですよ!

そして、この大変化を喜ばしく感じる場合はよいのですが、疎ましく感じる場合も一方では確実にあるわけで。

私の母だけでなく、新婚ほやほやだった中学時代の理科の先生が「自分の苗字が変わらなければいけないことに憤慨している」とアイデンティティ・クライシス的なことを話していたことが思い出されたりもします。

ただ幸運なことに、結婚当初から、私は、結婚した夫の苗字がとても気に入っています。

夫の苗字がたまたま宗教に関係がある用語でもあるせいか、自分の名前を書くときにはいつも写経するような気持ちで書いているし、名前を名乗る際にもマントラを唱えるような気持ちで声に乗せています。意識するのではなく、とても自然にほぼ自動的にそうなるのです。

いわゆる「うしろの人」(守護霊とかご先祖様とか)が視える人から、私が名前を書いている時に、「うしろの人がスッと立ち上がった」と言われたことがあるんですが、そういうことがあっても、不思議じゃないという気がしちゃうくらい夫の苗字に連なるものに守られている感覚があると言っていいと思います。

たかが名前、されど名前。なんですよね。

article no. 015

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です