ことのひとひらのご紹介

オラクルカードという言葉を耳にしたことはありますか?

もっともポピュラーなオラクルカードといえば、ドリーン・バーチューのオラクルカードシリーズだと思います。

オラクルというのは、「神の宣託」という意味です。

何かに悩んだり迷ったりしたとき、数十枚のカードを切って、その中から適当に引いて偶然出てきた1枚のカードが、『神さまのお告げ』だなんて大げさな!と思う人もいるかもしれません。

でも、「すべての偶然は必然である」という立場にたって、その1枚のカードを見つめてみると・・・、不思議と描かれた絵柄やキーワードに意味が見出されてくるものです。

MANO A MANO で行うオラクルカードリーディングでは、出てくるカードに、良い意味も悪い意味もありません。そのカードがもつエネルギーに対し、「良い」「悪い」の意味付けを行なわず、カード独自のエネルギーを重視します。

尋ねた事柄に対して、カードと同じ数だけのいくつもの異なる視点があるものとし、選んだカードがもつエネルギーの視点から、状況を解釈していきます。

MANO A MANO では、天使や女神、イルカ、クリスタルなどのオラクルカードから、恋愛感情の奥にあるものを探るセラピーカード、タロットカードなど、さまざまなカードを取り揃えて、みなさんにとって必要なメッセージを導き出してお伝えします。

MANO A MANO では、オラクルカードリーディングを占いという観点では捉えていません。「未来に何が起こるのか」「どういう行動をとればよいのか」「当たりなのか/ハズレなのか」を占うものではありませんので、ご了承ください。

すべての人にとって自分こそが自分自身の権威であり、他者にその価値・役割を委譲すべきではない、と私 unico は考えます。

すべての人の内側には大いなる自己(ある人はこの存在をハイヤーセルフと呼びます)がいます。

大いなる自己は、生まれてからこれまでに経験したすべてのこと、過去生の記憶や、DNAに刻まれた記憶、魂が決めてきた使命や学び、宇宙の普遍の真実など、大切なことをすべて知っています。

大いなる自己の声に耳を澄ませ、メッセージを聴きとるためのツールがオラクルカードなのです。

占い結果に頼るのではなく、自分で感じたり考えたりした上で行動し、ひとりひとりが自分の人生を生きることに責任をもってこそ、その人生が美しく輝き始めます。

みなさんの人生が美しい輝きを放つお手伝いをさせていただけたらしあわせです。

 

◆ことのひとひら(言の一片)

毎月 unico セレクトのオラクルカードデッキから1枚引きであなたに必要なメッセージをお伝えいたします。

メッセージのお伝え方法は、葉書による郵送となります。

今月のオラクルカードは、 コレット・バロン-リードのザ・マップオラクルカードです。

マップオラクルカード 写真

内容紹介

コレット・バロン-リードの新オラクルカードは、「人生の旅を探索すること」がテーマです。

楽しいことも、辛いこともあるのが人生。 悩み苦しみ、なかなか答えを得られないこともあります。

また、人生の使命や、どのような運命が待ち受けているのかなどは、知りたいことの一つでもあります。

このカードはそのような人生における様々な質問の答えを見つけるためのサポートをするために誕生しました。

魔法に満ちた美しい絵柄のカードを使い込むほどに、あなたが今歩んでいる人生の道のりを振り返り、今いる場所にどのようにして辿り着いたのかを気づかせてくれます。

また、場合によっては全く別の「目的地」を選択するための指南書にもなるように作られており、歩むべき新しい道のりを描くことができるようになるでしょう。

Amazon.co.jpより引用

  💡 ここが違うよ! ことのひとひら
オラクルカードに付属している解説書に書かれているメッセージをそのままお伝えするのではありません。カードとお客様それぞれのエネルギーのかけ合わせによる化学反応から生まれるメッセージを、オリジナルの言葉にしてお届けします。例え同じカードが出ても相手が違えばお届けするメッセージも当然違います。

例)

引いたカード:41 予期せぬ訪問者(Unexpected Visitors)

解説書に印刷されたメッセージ:
もし予期せぬことを期待するならば、奇蹟の準備をしましょう。

お届けするオリジナルメッセージ:
※写真はイメージです。

カードメッセージ 写真

お送りしたメッセージの意味がよくわからない、など質問がある場合は、メールにてフォローいたします。

価格:1ヶ月(1回お届け) 1000円(葉書代、郵便切手代込み)
6ヶ月(6回お届け) 5000円(葉書代、郵便切手代込み)
1年(12回お届け)  8000円(葉書代、郵便切手代込み)

ことのひとひらのご購入はこちら

 ➡ 毎月先着10名様限定、無料モニター募集中!
メールマガジン読者様限定!
毎月先着10名様に無料でお申し込みを承ります。
1ヶ月につき1人1回までお申し込みいただけます。

♥お申し込みいただくための条件:下記のいずれか
・「お客様の声」として感想をホームページに掲載させてくださる
・  SNSで感想を投稿してくださる

【先着無料枠】ことのひとひらのご購入はこちら

メールマガジンの読者登録がまだの方はこちらからどうぞ♪

article no. 002

uniちゃんのお話 vol.1 〜生まれた場所・育った場所・住んでる場所〜

はじめまして。unicoです。
“隠れコミュ障さん”が自分大好き❤️になれるお手伝いをしています。

初めての投稿なので、自己紹介的なことを書こうと思います。

まずは基本情報的なこととして居住地のことなど。

神奈川県川崎市在住です。
毎朝毎夕電車で多摩川を渡るときに、川の龍神様と富士山と多摩川浅間神社の御祭神と亀の甲山古墳に眠る主さんと多摩川台公園の双子のメタセコイヤさんにあいさつをすることを日々のルーティーンとしています。

 

富士山 多摩川

生まれたのは佐賀県杵島郡大町町で、母の実家がありました。
里帰り出産だったので住んでいたわけではないのですが、長期休みのたびに佐賀へ預けられていたので、出身地を尋ねられるとどこが自分の出身地と答えてよいのか、いつも一瞬戸惑います。

育ったのは埼玉県川口市
川口神社の境内にあった神主さんが園長先生の保育園に通い、小学校は地元の公立校に通いました。放課後は都内の塾に通い、中学からは学校も都内になったので、いわゆる埼玉都民というやつでした。

高校卒業後はイギリスの大学に進学し、外国人として生活するという経験をしました。

そして帰国後は、東京のマスコミの専門学校に通い、年下の子たちにひとり混ざった「年上の同級生」という立場を味わったりもしました。

そんな育ちの影響からか、幼い頃から、常にどこにも属することができない「根なし草」的な感覚がありました。それは、大人になった今でも変わらずあって、心細くはありますが、ある意味とても自由な感覚でもあります。

どこにも属さない。ということはつまり、どこにでも行けるし、どこにでも居られるということです。

生来の冒険好きである私は、一定期間同じ環境に留まっていると例外なく飽きてしまい、 どこかに移動したくなってしまう因果な性質なのですが、心の赴くままに未踏の場所を開拓しに出かけたり、懐かしい場所にふらっと戻ったり。そんな自由な風がいつも心に吹いています。

というわけで、どこか風来坊で根っからの根なし草(笑)なワタクシですが、いつかどこかでふらっとお会いできますことを楽しみにしています♪

unicoプロフィール写真

記事NO.1