明日から生き方が変わる(かもしれない)映画『メッセージ』

映画『メッセージ』を観てきました。

映画『メッセージ』オフィシャルサイトより

ものすごーく大雑把にいうと“地球外生命体とのコンタクトのお話”(端折り過ぎw)でした。

賛否両論あるでしょうが『インターステラー』とか『ツリー・オブ・ライフ』とかが好きな人(私か!)にはオススメです。

『ツリー・オブ・ライフ』に出てきたサンクスギビング・スクエア教会のステンドグラス, This photo of Thanks-Giving Square is courtesy of TripAdvisor

ただキレイな画なんじゃなくて、言葉にすると陳腐過ぎるんだけど、親になって初めてわかる愛しいわが子への際限のない慈しみの気持ちが滲み出して滴り落ちているかのようなキラキラした映像の連続に胸がきゅーっとなりました。

ジャンルはSFだけどどちらかというとファンタジー寄り(オチがね)で、言語学者が主人公という点も言語好きな私としては楽しめたポイントです。

私は日本の高校を卒業後イギリスの大学に進学したのですが、それまでの「言わずもがな」とか「沈黙の美学」的な“慮る”要素の強い言語環境(=日本)から「わからないのがデフォルト」「分かり合えない前提を踏まえて、それでも理解したいと手を伸ばし合う」異文化/異言語空間(=イギリス)に身を置いたことで、コミュニケーションの基本姿勢というものを深く学びました。

違いを見つけて批判・攻撃するためでなく、違いを認めて理解・協力するために言葉やコミュニケーションはあるんだよね、たとえそれが宇宙人相手であってもね。

他にも、サピア=ウォーフ仮説とか、パズルのピースの話とか、筒井康隆的なアレ(ネタバレ!)とか、私的に怒涛の気づきの連続だったのですが、この映画の視聴後感想を一言にまとめるとするならば「一瞬一瞬、感じていることや思ったことを、素直に伝える人生を生きよう」と反省と自戒と神妙さを込めて思ったのです。

これってひとりではできないこと。必ず相手がいなければ。隠れコミュ障さんにとっては、間違いなく大きなチャレンジです。

そんな想いで明日から過ごしていこうと思うので、明日から人生変わっちゃうかもしれません!!!

article no. 016

“明日から生き方が変わる(かもしれない)映画『メッセージ』” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です