キリエ!

息子の運動会練習日でいつもより早く家を出たので、朝活がてらいつものコーヒーショップへGO!

そんな朝の店内に流れていたBGMは昔懐かしMr.ミスターの「キリエ」でした。

「キリエ(Kyrie)」って「主よ」っていう神への呼びかけのギリシャ語なんです。

そこで「神さまー!おはようございます!」と心の中で呼びかけながら席に着いて、モーニングページにいそしみました。

モーニングページというのは、毎朝、心に浮かんだことを徒然なるまま、ただひたすらノートに書き出すというもの。

思考と感情の整理法みたいなものなんだけど、まったくもってロジカルじゃなく、思いっきりクリエイティブな手法で、ライティング・セラピーの基本の「キ」なんですよ!

ご興味のある方はジュリア・キャメロンの著書『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』をぜひご一読くださいまし♪

思えば、私は小学生の頃から誰に教わるでもなく、モーニングにこだわらないノートライティングをしてきていました。

それはひとえに、口で上手く想いを伝えることができなかったから。

“隠れコミュ障ちゃん”だったからこそ、心に浮かんでは消えて忘れられていくさまざまな想いを言葉を使って結晶化する、というような試みをしていたんだな、と今更ながら思います。

だから、もし、

自分自身を思い出したい。
自分自身を愛せるようになりたい。

という気持ちで、この記事を読んでくださっている方がいらしたら、心の中にあるいろいろをお気に入りのノートに書き出してみることを強くお勧めします。

どんな感情であっても善悪のジャッジを加えずに、ただひたすらに書いて書いて書きまくって、自分が選んだ言葉でその感情に命を吹き込んであげてください。

そうしたらその言葉と感情たちが、きっと、あなたを支えてくれる。

私なんて今日も朝から自分のノートを読み返して、私の文章が表現している脆くて儚くて純粋で孤独で、でもものすごくキラキラしてるいつかの私の気持ちを思い出して、胸がじーーーん❤️ ってなっちゃいました!

って自画自賛がすぎるでしょうか(笑)。

でもね、そんなかわいい自分を好きにならずにいられるわけがないんですー。

そりゃあね、職業的編集者の視点から見たら、拙いどころの騒ぎじゃない、下手すりゃ「てにをは」も危うい未推敲の肥大したエゴの垂れ流しですよ。

って、今度は辛口が過ぎないか…?>自分(苦笑)

でも、誰かに見せて褒めてもらうために書くわけじゃないからいいんです。

他人の評価を気にするあまり、いちばん大切な自分自身を脇に追いやってしまう癖に気がついて、まずそれを止めようと意識することが、自分自身を思い出すための第一歩ですから。

その時、感じたこと、考えたことが、自分の中でもう一度みずみずしく鮮やかに喚起されたなら、書きなぐっただけのノートでも、それでもう完璧なんです。

あらゆる感情がそうやって命を与えられたことで報われて、何かとてつもなく豊かでかけがえのない宝物に進化を遂げる、錬金術のようなプロセスになるのだと、私は思います。

で、話は「キリエ」に戻ります。

キリスト教会でよく唱えられるお祈りでは「キリエ」という呼びかけの後に続きがありまして。

「キリエ、エレイソン」
(主よ、憐れみたまえ)

と祈るんです。

目の不自由な者がイエスさまに「主よ、憐れみたまえ」と言うと、イエスさまは「何をしてほしいのか?」と尋ねられました。

目の不自由な者は「主よ、目を開けていただきたいのです」と答え、イエスさまが深く憐れんで、その者の目に触れたら、めしいたその目が開いて見えるようになった、という聖書の説話があるのです。

私も、今朝たまたま入ったコーヒーショップで「キリエ」を耳にしたことで「目を開けなさい」って言われたような気がしました。

世界はまばゆい光に溢れた
とても美しいところだよ。
よく目を開けて見てごらん。

って。

そんなメッセージとして、大切に受け取ります。

キリエ!

article no. 020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です