豊かさの教え 〜ニライカナイ編〜

自分の内側にある目に見えない富についての気づきをシェアしたついでに、以前、豊かさに関するワークをした時の体験を思い出しました。自分にとっての備忘録的な意味も込めて書き残しておこうと思います。

フラワーエッセンスを使って22日間で自分に必要な豊かさを実現するプログラムがあります。その名もアバンダンス・プログラム


Nature World

販売元のウェブサイトには以下のような説明がされています。

アバンダンスプログラムには、2本のエッセンスと1本のオイル、そして自己発見と自己成長の為の22日間のエクササイズが含まれています。このプログラムは、自分の意図を明確にし、必要のない信念、態度、行動などを脱ぎ捨てて、自分自身の「豊かさ=アバンダンス」の目標を、楽しみながら、たやすく実現することを助けます。

このプログラムに取り組んでワークもそろそろ終盤という時期に「豊かさとは?」という問いに対する私の中から出てきた回答が、とてもシンプルかつ印象的だったので、未だに忘れられずにいます。

※以下に書くのは瞑想していた時に浮かんだ情景と会話です。

そこは、サンゴ礁の浅瀬が続く白い砂浜でした。

八重山諸島の竹富島のコンドイ浜のような場所といったら、イメージが伝わりやすいかもしれません。


やいまねっと

その砂浜には私の他に、アンガマのウシュマイのお面のような顔をした神様がいて、私に「豊かさ」についてこんな話を聞かせてくれたんです。

*****

unico:オジイ、どうしたら充分豊かでお金の不安のない生活ができるようになる?

神様:そんなのカンタンさー。豊かさは目の前に無尽蔵にある、と思えばいいさー。地球上の全員が手にしても減らないくらいたくさんあるからよー。

unico:本当?! 無尽蔵どころか、私の持ってる現実の豊かさときたら、悲しいくらい微々たるものなのよー。

神様:こんなにたくさんあるでしょー?!

unico:あると思いたいけど…

神様:よーく聞きなさい。これから大切なことを教えるよー。豊かさは、uniちゃんの目の前にあるよー。uniちゃんは今、何が見える?

unico:海でしょ、空でしょ、オジイでしょ。

神様:そーでしょー。豊かさというのは「海」と思いなさい。

神様:みんなお金お金ってお金ばっかり欲しがるけど、お金は豊かさの本体じゃないよー。お金はねー、あれさ、塩みたいなものさー。豊かさから取り出したほんの一部分なわけさー。

unico:お金はお塩?!

神様:そーさー。海水を汲んでさー、天日で干したり、鍋で火にかけたりするでしょー。すると水分が蒸発して塩を取り出せるわけ。塩が欲しいからって海の水をたくさんすくっても海の水は減らないさー。それくらいカンタンに、子どもでも知ってる方法で、豊かさからお金は取り出せるよー。

unico:子どもでも知ってる方法…それって具体的にはどうすればいいってこと?

神様:それはニライカナイ(海の彼方にある豊穣の源の神様の世界)からの宿題さー。しっかり考えなさーい!


おきなわ物語 

*****

…というわけで、会話の口調はかなり脚色してます(笑)が、ここに書いた内容はすべてそのワークで教えてもらった内容です。

結局、答えは自分で考えなさいということなので、うーん、と考えた結果、私的には「愛と感謝」かな?と思いました。

豊かさは減らない。だから気前よく分かち合う。そうしたら、自ずと感謝が生まれるから、それを交換&交歓し合う。

「これ好き。ありがとう。」「うれしい。ありがとう」って伝え合う。これなら小さい子でもよく知ってる!

ただ、この解を導き出した当時の私は、思うような富を手に入れることはできませんでした。それが何故なのか、今ならわかります。それは、本当の意味で感謝をしていなかったから。

1年くらい前までの私は、受け取ることがとても苦手で、何かをいただいたり、好意的な行為をしてもらったりしても、「ありがたい」と思う一方で「申し訳ない」と思ってしまっていたんです。

「申し訳ない」と思っている時点で、それは本当には感謝していないのだということに気づいてしまって、この1年は、本当の意味で受け取ること、感謝すること、をみっちり練習してきました。

 ➡ 関連リンク1:最愛の人からの贈りものまで拒んでいたことに気づいた愛の贈りもの

 ➡ 関連リンク2:受け取る猛特訓をして真の感謝に開眼した受容と供給

それは、受け取っていいという許可を自分に出すことでもあり、自分には受け取る価値があるということを承認する地道な作業でもありました。

だからこそニライカナイのオジイの言葉の意味が以前よりもわかってきた気がするし、塩だけじゃなく、海全体が見える目を持てるようになってきたかなー、と思う今日この頃。

ちょうどアンガマの時期(お盆)を迎えようとしていることもあり、思い出したことにも何か意味があるのかもしれません。

 

article no. 027

キリエ!

息子の運動会練習日でいつもより早く家を出たので、朝活がてらいつものコーヒーショップへGO!

そんな朝の店内に流れていたBGMは昔懐かしMr.ミスターの「キリエ」でした。

「キリエ(Kyrie)」って「主よ」っていう神への呼びかけのギリシャ語なんです。

そこで「神さまー!おはようございます!」と心の中で呼びかけながら席に着いて、モーニングページにいそしみました。

モーニングページというのは、毎朝、心に浮かんだことを徒然なるまま、ただひたすらノートに書き出すというもの。

思考と感情の整理法みたいなものなんだけど、まったくもってロジカルじゃなく、思いっきりクリエイティブな手法で、ライティング・セラピーの基本の「キ」なんですよ!

ご興味のある方はジュリア・キャメロンの著書『ずっとやりたかったことを、やりなさい。』をぜひご一読くださいまし♪

思えば、私は小学生の頃から誰に教わるでもなく、モーニングにこだわらないノートライティングをしてきていました。

それはひとえに、口で上手く想いを伝えることができなかったから。

“隠れコミュ障ちゃん”だったからこそ、心に浮かんでは消えて忘れられていくさまざまな想いを言葉を使って結晶化する、というような試みをしていたんだな、と今更ながら思います。

だから、もし、

自分自身を思い出したい。
自分自身を愛せるようになりたい。

という気持ちで、この記事を読んでくださっている方がいらしたら、心の中にあるいろいろをお気に入りのノートに書き出してみることを強くお勧めします。

どんな感情であっても善悪のジャッジを加えずに、ただひたすらに書いて書いて書きまくって、自分が選んだ言葉でその感情に命を吹き込んであげてください。

そうしたらその言葉と感情たちが、きっと、あなたを支えてくれる。

私なんて今日も朝から自分のノートを読み返して、私の文章が表現している脆くて儚くて純粋で孤独で、でもものすごくキラキラしてるいつかの私の気持ちを思い出して、胸がじーーーん❤️ ってなっちゃいました!

って自画自賛がすぎるでしょうか(笑)。

でもね、そんなかわいい自分を好きにならずにいられるわけがないんですー。

そりゃあね、職業的編集者の視点から見たら、拙いどころの騒ぎじゃない、下手すりゃ「てにをは」も危うい未推敲の肥大したエゴの垂れ流しですよ。

って、今度は辛口が過ぎないか…?>自分(苦笑)

でも、誰かに見せて褒めてもらうために書くわけじゃないからいいんです。

他人の評価を気にするあまり、いちばん大切な自分自身を脇に追いやってしまう癖に気がついて、まずそれを止めようと意識することが、自分自身を思い出すための第一歩ですから。

その時、感じたこと、考えたことが、自分の中でもう一度みずみずしく鮮やかに喚起されたなら、書きなぐっただけのノートでも、それでもう完璧なんです。

あらゆる感情がそうやって命を与えられたことで報われて、何かとてつもなく豊かでかけがえのない宝物に進化を遂げる、錬金術のようなプロセスになるのだと、私は思います。

で、話は「キリエ」に戻ります。

キリスト教会でよく唱えられるお祈りでは「キリエ」という呼びかけの後に続きがありまして。

「キリエ、エレイソン」
(主よ、憐れみたまえ)

と祈るんです。

目の不自由な者がイエスさまに「主よ、憐れみたまえ」と言うと、イエスさまは「何をしてほしいのか?」と尋ねられました。

目の不自由な者は「主よ、目を開けていただきたいのです」と答え、イエスさまが深く憐れんで、その者の目に触れたら、めしいたその目が開いて見えるようになった、という聖書の説話があるのです。

私も、今朝たまたま入ったコーヒーショップで「キリエ」を耳にしたことで「目を開けなさい」って言われたような気がしました。

世界はまばゆい光に溢れた
とても美しいところだよ。
よく目を開けて見てごらん。

って。

そんなメッセージとして、大切に受け取ります。

キリエ!

article no. 020

名前にまつわるエトセトラ vol.3 〜結婚して名前が変わるということ〜

小さい頃から自分の名前が嫌いだった私。
嫌いと感じていたいちばんの理由は読み間違えられることが多く、正しい名前を呼んでもらえなかったことですが、母から聞いた自分の名前の由来や、名前に使われている漢字の由来を知って、ますます自分の名前嫌いが深まっていきました。

 💡 まだ読んでいない方は、こちらからどうぞ♪
 ↓ ↓ ↓
➡ 名前にまつわるエトセトラ vol.1 〜聖杯伝説への誘い〜

➡ 名前にまつわるエトセトラ vol.2 〜自分の名前が嫌いでした〜

このシリーズを書いていてふと思い出したことがあったので、忘れないうちに書き留めておこうと思います。

学生時代に、母が「◯◯(私の旧姓=母にとっては結婚後の姓)という苗字が嫌い」と言ったのを聞いて、とても悲しい気持ちになったことがありました。

母が「嫌い」という言葉を使ったのは「漢字の字面のバランスを取るのが難しく、上手に書けないから」というような話から始まり「電話帳に1件しかないような珍しい名前なのが嫌だ」というような流れの中で、だったと記憶しています。

母の旧姓は小学校低学年で習う平易な漢字で構成されていて、左右対称の文字(たとえば田中とか山田みたいな)だったので、年賀状などでもとても書きやすかったそうなのです。

娘の私に言わせれば、父も母もとてもきれいな字を書く人たちだったのですが、母は自分の書く字が好きじゃないという理由で記名の際によく父に代筆してもらっていました。

父の苗字が「嫌い」といっても、別に父のことが嫌いと言ったわけでもないし、父方の祖父母のことが嫌いと言ったわけでもなかったのですが、なぜだか、父に連なる一族全体(もちろんその末端に私もいる)が、否定されているような感覚を覚えました。

それは、決して致命的な刺し傷のような傷ではなく、とても小さな、だけど切れ味がよすぎて血すら出ないような、サイズに見合わぬ痛みを伴う切り傷のような、そんな傷を負ったような感覚でした。

小さい頃から自分の名前を嫌っていた私なのに、母が名前(苗字)を「嫌い」だと言ったのを聞いたら傷つくように感じるなんて、自分のことを棚にあげていてなんだかズルいんですけどね(苦笑)

現代ではビジネスネームとして旧姓を使用する女性もたくさんいますが、日本では戸籍上の夫婦別姓が認められていないため、婿取りをしない女性は、婚姻によって強制的に相手の苗字を名乗ることになるわけです。

男性にはなかなか伝わらないかもしれませんが、これってものすごく大きな変化なんですよ!

そして、この大変化を喜ばしく感じる場合はよいのですが、疎ましく感じる場合も一方では確実にあるわけで。

私の母だけでなく、新婚ほやほやだった中学時代の理科の先生が「自分の苗字が変わらなければいけないことに憤慨している」とアイデンティティ・クライシス的なことを話していたことが思い出されたりもします。

ただ幸運なことに、結婚当初から、私は、結婚した夫の苗字がとても気に入っています。

夫の苗字がたまたま宗教に関係がある用語でもあるせいか、自分の名前を書くときにはいつも写経するような気持ちで書いているし、名前を名乗る際にもマントラを唱えるような気持ちで声に乗せています。意識するのではなく、とても自然にほぼ自動的にそうなるのです。

いわゆる「うしろの人」(守護霊とかご先祖様とか)が視える人から、私が名前を書いている時に、「うしろの人がスッと立ち上がった」と言われたことがあるんですが、そういうことがあっても、不思議じゃないという気がしちゃうくらい夫の苗字に連なるものに守られている感覚があると言っていいと思います。

たかが名前、されど名前。なんですよね。

article no. 015

通勤電車を降りて冒険の旅へ出よう!

先日、ON/OFFスイッチの切り替え方について質問を受けました。

私のON/OFFスイッチの切り替え方法は

「川を渡る」です!

私が育った川口も現在住んでいる川崎も、地名が示すとおり大きな川がある街です。学校に行くにも仕事に行くにも、いつも川を渡って向かっていたので、電車で川を渡って都内に入るとONモード、逆に都内から出るとOFFモード、という感覚が、今も昔も変わらずあります。

川を通過するときって、たとえそれが徒歩であろうと車や電車に乗車していようと、禊(みそぎ)的な何か、ある種の浄化の力が働くような気がします。心の内のモヤモヤしたものを水に流して穢れを祓うような感じ。

浅間台 写真

そんな私の日課は、電車で多摩川を渡るときに、多摩川の神様(多摩龍さん)と富士山(センゲンさま)と多摩川浅間神社の御祭神(咲耶姫さま、菊理媛さま、速玉男命さま)とアマテラスさまと亀の甲山古墳に眠る主さんと多摩川台公園の双子のメタセコイヤさんにごあいさつをすることです。

「おはようございます。
 いってまいります。」

「今日も無事に過ごせました。
 いつもありがとうございます。」

という程度の簡単なあいさつなんですが、これを心の中で唱えると、自分の中心にアンカリングできて、一日気持ちよく過ごせます。ぜひお試しあれ。

昨日、仕事で名古屋に出張していたのですが、帰りの新幹線の車窓から富士山が綺麗に見えました。

富士山 写真

その写真を今朝、通勤電車の中で眺めていたら、ちょうど多摩川にさしかかって、晴れてはいたけどガスで霞んで富士山は見えず…でした。冬の間は毎日のように見えていた富士山も、これからの季節は見えない日が多くなります。

姿は見えねどそこに御座しますセンゲンさまをはじめとして、いつものルーティーンの朝のごあいさつを終えて、お社を見ながら「またお休みの日にゆっくりおまいりいたします」とお伝えしたところ、どこからともなく「なんで休みの日? 今行かないの?」というツッコミの声が聞こえてしまいました。

「そう言われてみれば、行けないわけじゃない……よし、行っちゃえ!」と思い、ワタクシ、衝動的に通勤電車を飛び降りて途中下車してしまいました!

いつもあいさつに来てくれるカラスさん(速玉男さん絡みでヤタガラスもご縁がある神社なのです)の歓迎を受け、倭姫のお言葉も思いがけずいただいて、空や新緑を見ながらすっかりリフレッシュできました。

多摩川浅間神社 写真

sun 写真

新緑 写真

烏 写真
この中にカラスが隠れています!見つけられるかな?

時間に余裕をもたせて家を出ていることもあり、仕事にも遅刻せず、贅沢なひとときを過ごすことができました。途中下車の旅、なんだかとっても気分爽快で、いつでもできる小さな冒険としてオススメです!

<おまけ情報>
多摩川浅間神社は安産祈願で有名ですが、実は、私たち夫婦が結婚式を挙げた神社でもあります!(そのうえ、結婚当時に住んでいた家からも、引っ越し後の現在の家からも、鬼門封じになっているという!ありがたや〜) 家族や親しい友人とあたたかい雰囲気の神前挙式を検討されている方は、権禰宜さん含むこちらの神主さんご一家の細やかな心配りに感激すること請け合いです。

結婚式 写真
多摩川浅間神社
〒145-0071 東京都大田区田園調布1-55-12
東急東横線・多摩川線・目黒線・南北線・三田線多摩川駅より徒歩2分
http://sengenjinja.info/annai/index.htm

article no. 012

金色の人、鳥の声、そしてケツァルさん

春の大三角といえば、うしかい座のアルクトゥルス、おとめ座のスピカ、しし座のデネボラのことですが、個人的な春の三重苦といえるのが「確定申告」「花粉症」「(花粉症がトリガーとなって発症する)気管支炎」です。。。

そんな風物詩的な苦しみを乗り越えてうれしいものが届きました。

そ・れ・は…
自分が描いた絵で作ったポストカードです!

ケツァル ポストカード

2017年、やりたいことを100個あげよう!と思いついて作ったリストの中に「自分で描いた絵でポストカードを作る」という夢を加えていたのですが、それが実現しました。絵の上手下手はさておき(笑)、素直にうれしい♪です。

私は日常的にたくさんの絵を描いているわけではありませんが、絵は子どもの頃から描くのも見るのも大好きです。そんな自分が描いた絵の中でも一等気に入っているものをTVCMでもおなじみのラクスルでポストカードにしてみました。

専門的に絵を描かれていて美術印刷などにこだわる方にはクオリティ的にはおすすめできないかもしれませんが、個人の趣味の範囲の私にはまったく問題ない仕上がりでした。ことのひとひらのお届けでも使わせていただくことがあるかもしれません!

たまに尋ねられることがあるのですが、今日はこの一等気に入っている絵に描かれている存在についてお話したいと思います。

目に見えない存在に守られている感覚を感じたことはありますか?

私はよくあります。そして、そういう存在は、ご先祖様や亡くなった近しい人たちである場合もあるし、人間の形をとったことのない存在の場合もあると感じています。

そんな目に見えない存在で、私にいろいろなことを教えてくれているガイド・スピリットのひとりを視覚化してみよう! と思って描いたインスピレーション・アートともいうべきものが、この絵でした。

最初は絵全体の色味から「金色の人」と呼んでましたが、ある時、思いついて「あなたの名前を教えてください」とお願いしてみたところ、夜中の2時だか3時だかという深い時間帯だったのですが、高くて美しい人間語では発音できない宇宙語のような音が聴こえました。

もちろんリアルな聴覚ではなくてシュールリアルな聴覚で聴いたわけなんですが、まるで熱帯の鳥の鳴き声のようだなー、と思い、それからしばらくは「金色の人」改め「鳥の声」と呼んでいました。

ある日、TVを見ていたら、ケツァルというグアテマラの国鳥の映像が流れました。

ケツァル出典:http://www.latinamericanstudies.org/

その瞬間、なぜか「あ、鳥の声だ!」と直感的に感じ、その日からこの存在のことを「ケツァルさん」と呼ばせていただくようになりました。

ケツァルという鳥は、手塚治虫の『火の鳥』のモデルになった鳥だそうで、その姿を見た者には永遠の幸福が訪れるといわれているほどなかなかお目にかかれないそうです。

古代アステカではケツァルは農耕神ケツァルコアトルの御使いとされていて、この鳥の美しいエメラルドグリーンやターコイズ、赤、紫など色とりどりの羽を身につけるのは古代アステカの最高位の聖職者と王様にだけ許された特権でした。

実はこのケツァルコアトルはマヤではククルカンと呼ばれている金星の神様です。この絵全体のこれでもか!と言わんばかりの金色、しかも、絵を描いた後に知ったのですが、左上に描かれた星もマヤやオルメカ文明の金星を表す象形文字(下図)と似ていました。

金星 象形文字 画像
出典 Mayan Glyphs on Georgia, Florida Pottery?

この絵を描いた時、なぜそうしたかったのか自分でもわからないのですが、ケツァルさんの輪郭を金色で縁取り、その上にわざわざ糊で金粉をつけて、後光的なものを表現したのですが、金星との関連を知り「だからだったのか!  なーるーほーどー!」と合点がいきました。

今日の記事は隠れコミュ障とも知・在・愛(汝自身を知れ・汝自身で在れ・汝自身を愛せよ)とも無関係のあやしいスピリチュアル・ブログな感じですが、わりと、こういうことが、私の身の回りには溢れていたりもするので、あえて赤裸々(?)に書いてみました。

「uniちゃん怪しすぎる!」と嫌われてしまうかもしれませんが、それでも、自分の中から出てきたものを表現する、ということは、自分を大切にすること、自分を受容すること、につながるものだと思います。

自分の中に在るものを絵や文章や写真などで表現したり、自分が「やってみたい!」と思ったことを実現していく行動は、「自分大好き❤️」になる方法の実践のひとつの形なので、もし、何か感じていただけたら、ぜひ、あなたにとって大切なことを行動に移してみてくださいね。

最後にかわいいケツァル(鳥のほう)の映像をどうぞ♪

article no. 005