名古屋が思い出させてくれたこと

今から10数年前のこと。

社会人になって数年めだった当時の私は、趣味で作った個人ホームページを運営していました。

自分で撮った写真と、本・映画・音楽・美術作品etc.の感想、そして日記がメインコンテンツでした。

何者でもない名もなき社会人の個人ホームページです。今なら、ゴミ扱いされてしまうかも!?(笑)

それでも、どこで見つけてくれたのか、私の「好き❤️」をただ集めただけのホームページに、チラリホラリと立ち寄ってくれる人たちが現れて、だんだん定期的に訪問してもらえるようになりました。

今となっては懐かしい掲示板も設置してたのですが、毎日必ず数件の書き込みがあるという、個人ホームページとしてはそこそこ活況を帯びたといえる状態でした。

もちろん、私も毎日コメントに必ず返信をしていて、掲示板だけでなく個別メールでじっくりトークを繰り広げることもあれば、月に一度みんなで時間を決めて気ままにチャットするイベントも開催していましたっけ。

そんなコミュニケーションを重ねてゆくうちに、いつしか常連ユーザーさんたちをとても近しい存在に感じるようになっていって、今思うと、その場所が、そしてその人たちが、私の「居場所」になっていきました。

ある日、愛知県に住む親戚を訪れることになり、「もし都合があえば、名古屋で会いませんかー?」と呼びかけてみたんです。

そうしたら、なんと、愛知・岐阜から計4名の方々が、集まってくださいました!

 

名古屋在住の方が、テレビ塔の中にあるフレンチのお店を予約してくださって、みんなでランチコースをいただいて。

はじめはみんな初対面だからもじもじ緊張しながら、だけど、掲示板で毎日心の交流をしていたから、打ち解けるのにそんなに時間はかからなくて、みんな偏りなくおしゃべりして、楽しい時間を過ごしたことが思い出されます。

これってまさに、最近流行りのお茶会・ランチ会ですよね! 当時はオフ会(オタクっぽい…笑)って言ってましたけど(笑)

今の私が「名古屋でお茶会しまーす!」って声をかけても、正直、4名も集客できる自信はありません。

なぜなら、上に書いたような親密なコミュニケーションづくりができていないから…orz。

ただ…、10数年前にはできていた。何者でもない、ペーペーの社会人の私でも。

ただ自分の好きなものを「好き❤️」と発信しただけで、同じものを「好き❤️」と感じてくれた人や、興味をもってくれた人が、受信してくれたんですよね。そして、そこから交流が生まれた…。

なんか、すごくなーい?!
って、思い出しながら、自分で感動てしまいました。

ビジネスだろうと趣味だろうと、人間関係の始まりって、信頼関係の芽生えって、こういうことから始まるんだよね!と。

私が欲しかったのは、爆速で売れっ子になるようなカリスマ的なサクセスではなくて、小さなレンガをひとつずつ積み上げてお気に入りの家を大好きな人たちと一緒に建てる、みたいな、そんなようなことだったのだ!と。

(あ、爆速で飛翔されてるカリスマさんも素敵だと思いますよ!)

当時の私は、自分で自分のホームページを運営することによって、間違いなく「居場所づくり」をしていました。

私は、いま、ここにいます。

まだ生まれたばかりのサイトですが、MANO A MANO が私の居場所です。

いつか、ここが、そして私が、あなたの居場所のひとつになれますように。

いらっしゃい。
そして、おかえりなさい。

article no. 004