ちゃぶ台をひっくり返したくなったら 2

未読の方はこちらから。

WordPressに変わる手段をいろいろ模索していた時に、以前運営していた静的HTMLの自サイトでかつての自分が書いたコンテンツを読み返してみた。これが、もう自画自賛以外の何ものでもないのだけど、個人的に面白い!と感じてしまった。当然ながら、自分が書いているのだから興味や趣味・嗜好性のど真ん中なわけなんだけど、このWordPressで書いてきたことの100倍面白いと正直思った。

その違いは、ものすごく明白で、営利を目的としていない完全なる自己満足サイトで、自分が考えていること、感じていることを他人の目を恐れずに率直に書いていたからだ。

正直、今のMANO A MANOの更新がこんなに億劫(ぶっちゃけすぎ)で、更にまっさら事件という現実を自分で創造しちゃったのだって、結局のところ、自分自身がいちばん面白がっていないのが原因なのだと思う。

私が“嘘くさいいい子ちゃん”過ぎて面白くないのだ。

小学校低学年の頃から毎年親が先生に呼び出される問題児だった私が、中学入学後1年くらいすごく平和で穏やかに生きていた時期があった。それは公立の小学校から私学のクリスチャンスクールに入学して、いわゆる良家の子女たちとキリストの教えに馴染もうとした努力の賜物だったのだけど、今思えば、羊の群に入った狼が羊になろうとして不毛な努力をしているような状態だったと思う。

12歳の柔らかい頭への教化の影響もあって、それが正しいと信じての努力だったけれど、お腹の中で吠え狂う自分の声がどんどん大きくなっていって、誰かの言いつけを守る“いい子ちゃん”を、あるタイミングでやめた。それと同じようなことが、今また、私の中で起こっている。

去年、ビジネスについて学んで、教えられたことをやって、いや、教えられたこと全部なんて全然できてないけど、それでも、言われたことを一度飲み込んでやってみて、実際に成果も出たけれど、それをやっている自分が正直、吐き気がするほど嫌で嫌でしょうがなかった。

当時から「行動しろと言われて動いちゃう自分が、投げられたボールを条件反射のように拾いに行く犬みたいで嫌で嫌でたまらない」と仲間に漏らしてもいた。「普通の人は行動できなくて悩むのに、行動しちゃうのが悩みなんて、言ってる意味がわからない」なんて変人扱いされたりもした。「考える前に行動にうつせるなんて、教えたことが身体化できていて、ブレイク前夜ですね!」とは当時の講師の談。自分の違和感を無視して走った結果、まったく動けなくなってしまったので、未だ夜は明けないままなのは見てのとおりだ。

そんな違和感ありまくりで立ち上げたWordPressサイトは、ビジネスサイトを作らなければいけないのに、メインサービスはメニューに載せない、スケジュールも載せない、お客様の声ももらってるのに全然載せない、のないない尽くしで、「uniちゃんのサービスはどこで見られるの? どうしたら申し込めるの?」と尋ねられる体たらく。

だって、本当に元も子もない言い様だけど、自分でも気が進まなかったのだ。気が進まないながらやったことは、意図しないものを引き寄せて、更にやる気を失うことにつながってしまったこともあった。

今回、まっさら事件を機にまた自分の中の吠え声が大きくなった。「自分自身を思い出したい人、いらっしゃい」と呼びかけている私自身が自分自身を思い出すために、牙も爪も隠すどころか常に研いでおくことこそが生きていく上で必要不可欠なことなのだと思う。

そういうわけで、ちゃぶ台をひっくり返します。

ちゃぶ台をひっくり返したくなったら 1

WordPressのプラグインを更新したらWordPressがまっしろけになってしまったまっさら事件以来、 mano a manoをどうしたものかと思い、試行錯誤していた1ヶ月。

まずは、契約しているサーバを動かしているプログラムのバージョンが原因で、 現時点でWordPressの更新をそのまま素直に受け入れて行くことが環境的に不可ということが判明。

じゃあサーバの借り先を変えればいいということになるんだろうけど、 メール(個人だけでなく家族も使用している)だったりドメインだったりの契約もまとめてしている プロバイダーなので、乗り換えによる影響範囲が大きくてなかなか気軽にはいかないということを理解した。

次に、WordPress以外のブログサービスに切り替えようと思い、とある有料サービスに申し込んだけれど、「帯に短し、襷に長し」という状況だったのですぐに解約。

手詰まりの末に思い立ったのは、今更ながら以前運営していた静的HTMLのウェブサイトを復活させる案。 そこで2週間ほどちくちくHTMLを修正・更新する日々が続いていたのだけれど、 レスポンシブ対応の面でこちらも断念に至る。

結局はプロバイダーが自社サーバにお金をかけてシステム環境を更新してくれるのを待ちながら WordPressはあまり触らずにいくという暫定的保留措置を取ることになった。

自動でback upを取るのは、最初のサーバ側のシステム環境問題に一周して戻ってしまい不可能なので、とりあえずは手動で実行していくしかないようだ。 幸いなことに、そんなにたくさん書いてないので、消失してもさほど痛手でもなかったりして。

プラグインの更新に起因してサイト内リンク切れが多発していたので、 固定ページは一旦すべて非表示にした。

というのも、今日のタイトルに関わるのだけれど、なんとなく、 ここらで、この1年くらいやってきたことのちゃぶ台をひっくり返したくなったのだ。

と、ようやくタイトルまで到達したけれど、長くなってしまったので、つづく。

名古屋が思い出させてくれたこと

今から10数年前のこと。

社会人になって数年めだった当時の私は、趣味で作った個人ホームページを運営していました。

自分で撮った写真と、本・映画・音楽・美術作品etc.の感想、そして日記がメインコンテンツでした。

何者でもない名もなき社会人の個人ホームページです。今なら、ゴミ扱いされてしまうかも!?(笑)

それでも、どこで見つけてくれたのか、私の「好き❤️」をただ集めただけのホームページに、チラリホラリと立ち寄ってくれる人たちが現れて、だんだん定期的に訪問してもらえるようになりました。

今となっては懐かしい掲示板も設置してたのですが、毎日必ず数件の書き込みがあるという、個人ホームページとしてはそこそこ活況を帯びたといえる状態でした。

もちろん、私も毎日コメントに必ず返信をしていて、掲示板だけでなく個別メールでじっくりトークを繰り広げることもあれば、月に一度みんなで時間を決めて気ままにチャットするイベントも開催していましたっけ。

そんなコミュニケーションを重ねてゆくうちに、いつしか常連ユーザーさんたちをとても近しい存在に感じるようになっていって、今思うと、その場所が、そしてその人たちが、私の「居場所」になっていきました。

ある日、愛知県に住む親戚を訪れることになり、「もし都合があえば、名古屋で会いませんかー?」と呼びかけてみたんです。

そうしたら、なんと、愛知・岐阜から計4名の方々が、集まってくださいました!

 

名古屋在住の方が、テレビ塔の中にあるフレンチのお店を予約してくださって、みんなでランチコースをいただいて。

はじめはみんな初対面だからもじもじ緊張しながら、だけど、掲示板で毎日心の交流をしていたから、打ち解けるのにそんなに時間はかからなくて、みんな偏りなくおしゃべりして、楽しい時間を過ごしたことが思い出されます。

これってまさに、最近流行りのお茶会・ランチ会ですよね! 当時はオフ会(オタクっぽい…笑)って言ってましたけど(笑)

今の私が「名古屋でお茶会しまーす!」って声をかけても、正直、4名も集客できる自信はありません。

なぜなら、上に書いたような親密なコミュニケーションづくりができていないから…orz。

ただ…、10数年前にはできていた。何者でもない、ペーペーの社会人の私でも。

ただ自分の好きなものを「好き❤️」と発信しただけで、同じものを「好き❤️」と感じてくれた人や、興味をもってくれた人が、受信してくれたんですよね。そして、そこから交流が生まれた…。

なんか、すごくなーい?!
って、思い出しながら、自分で感動てしまいました。

ビジネスだろうと趣味だろうと、人間関係の始まりって、信頼関係の芽生えって、こういうことから始まるんだよね!と。

私が欲しかったのは、爆速で売れっ子になるようなカリスマ的なサクセスではなくて、小さなレンガをひとつずつ積み上げてお気に入りの家を大好きな人たちと一緒に建てる、みたいな、そんなようなことだったのだ!と。

(あ、爆速で飛翔されてるカリスマさんも素敵だと思いますよ!)

当時の私は、自分で自分のホームページを運営することによって、間違いなく「居場所づくり」をしていました。

私は、いま、ここにいます。

まだ生まれたばかりのサイトですが、MANO A MANO が私の居場所です。

いつか、ここが、そして私が、あなたの居場所のひとつになれますように。

いらっしゃい。
そして、おかえりなさい。

article no. 004